恋愛占いについて書いてみる

恋は盲目という通り、いくら好きなタイプが決まっているからといってそのような人を好きになる訳ではないのが人間です。

結果として同じような人とばかり付き合っている、という人もいますが人間ひとりひとりは違うもの。
経験を積んでいたとしても恋愛の度に相手の気持ちが読めずやきもきするのは当然のことなのです。

悩んだらその道のプロに聞く!

友人の悩みなら笑って聞けるのに自分のことになるとうまくいかない、という思いは誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

または仲の良い友人であるからこそ、今の恋愛をやめるように進言できないということもあるかもしれません。
占い師は相談者との相性こそ重要視されますが、相談事をされるということに長けているため有益なアドバイスをもたらしてくれます。

また、他人であるからこそ正直な見解がいえるという部分も頼もしいポイントです。

占いのスタイルを選ぼう

今ではコーヒー占いや動物占いなど現代ならではの独創的なスタイルの占いもありますが、まずどんな占術を選ぶかが占い師を選ぶ上での決め手となります。

古来から伝わるタロット占いなどはそれなりの信頼感もありますが日本においては姓名判断であったり手相の方が親しまれる傾向もあります。

まずは簡単にできる手相などから初めてみると、その先の診断も聞いてみたい、と思うものに変わるかもしれません。

とっかかりはそれぞれですが、占いをオカルト的なものと決めつけて遠ざけてしまうのはあまりにもったいのないことです。

古来から政治家ですら占い師に行く手を占ってもらっていた歴史がありました。
信じるか否かは別として悩んだときには一度相談に乗ってもらうと気持が晴れることもあるかもしれません。