様々な占いの種類

占いを一度も経験したことがない、という人はあまりいないのではないでしょうか。
毎日の朝の番組の星座占いの結果を見てから家を出るというひとも多くいますが、それは日本におけるおみくじの文化ととてもよく似ています。

また、古くから日本にはこっくりさんといった遊びがあり子供のころから占いの文化というものは根付いているのです。

八百万の神様

日本においては米には米の、本には本の八百万の神様が宿るといった信仰が古くからあります。
子供のころから物を粗末にすると化けて出る、といった話やもったいないお化けにおびえたことは一度ではないでしょう。

そういった、物への信仰心が強い性格上様々な占いに信憑性を感じる傾向があるといっても過言ではありません。
変わった形状の石があれば信仰の対象に、湧き水があれば信仰の対象になり得るのです。

海外の変わった占い

世界中には日本にも負けない変わった風習が古くから残り信仰の対象になることがあります。
例えばコーヒー占いですが、コーヒーを飲んだ後の形で運勢がわかるといったものです。

日本ではあまりなじみがありませんでしたが近年海外から輸入される形で受け入れられつつあります。
一見でたらめにも見える占い方法ですがそのルーツはきちんとあり、形や場所を変え伝わっていくのです。

タロット占いや水晶占いを信じない、という人でも雑誌の占いページはきちんとチェックしていたりするものです。
なんとなくネクタイやハンカチの色をその日に出たラッキーカラーにしてみたりといったことは多かれ少なかれ行っている人はおおいでしょう。

形や頻度に差こそあれ、占いはもはやオカルトだけの話ではなく潜在的に我々の心理状態や行動に影響を及ぼしているのではないでしょうか。